<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美術協会旅行

6月29日美術協会の美術館めぐりツアーに参加しました。
朝8時過ぎバスに乗り込み最初に訪れたのは熊本県の小国町にある、坂本善三美術館です。
鉾納社の横に古民家風の建物があり、これが坂本善三美術館です。
館内はすべて畳の部屋ですがかけてある絵はすべて抽象画ばかりです。
坂本善三は小国出身の画家で、没後遺族が作品を寄贈して出来た美術館です。
ちょうど坂本善三とヨーロッパの版画展があっており、いろいろな作品が並んでいました。
見学後となりの鉾納社境内の大杉などを見て再び熊本まで出発しました。
熊本城の本丸御殿はつい先だって完成したばかりで豪華絢爛な障壁画や天井画がある昭君の間など見所はいっぱいです。天守閣にもついでに登ってみました。
日曜日とあってたくさんの観光客で混雑しておりました。
終わって熊本現代美術館の見学です。抽象の世界で全くこれが芸術?といいたくなるようなシロモノばかりです。不思議の国に迷い込んでしまったような、なんともおかしな感じにさせられました。

b0044440_13521449.jpg
b0044440_13523024.jpg
b0044440_13525211.jpg
b0044440_13531184.jpg
b0044440_1353538.jpg
b0044440_13541691.jpg

[PR]
by hirose580 | 2008-06-30 13:42 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

苗つくり

もう永年稲つくりをしているが、今年は完璧だということは今まで一度もない。
毎年反省しながら稲つくりをしている。
特に苗作りは毎年一番気を使う仕事である。
私の場合数年に1回は必ず失敗し、特別出来の良くなかった年には苗を購入する羽目になったことが2度ほどあります。
去年も芽の出が悪くて一部植えられない苗が10箱分ぐらい出来てしまった。
今年こそは・・・といつもより慎重に前年のような失敗がないよう取り組もうと考えました。
まずトラクターで田んぼを耕起した後苗床の整地をする。
苗箱を置く場所に穴あきシートを敷き、苗箱を並べる。
苗箱にはすでに育苗のために土を入れており、苗箱を並べ終わったら種蒔き機で籾を蒔く。
種籾は種子消毒した後1週間前から水につけ、前日のうちに水から引き上げて筵に上げて芽だしをしていたものである。
そして水を十分かけてから覆土をして、その上からラブシートをかけて、さらにシルバーシートをかぶせて出来上がりである。
これでようやく種蒔きが終了したことになる。
ただ、種籾を蒔いた後にダコニール1000倍液をかけて立枯れ病予防をすることが大事である。
また、覆土した後に水をかけると籾が浮いたりするためにさらに覆土をすることになり発芽が不良になったりするのでこれも厳禁である。
過去には何回も失敗しては少しずつ利口になってきた。
今年こそは立派な苗を作ろうと頑張ったおかげで何とかまともな苗が出来ました。
ヤレヤレです。
b0044440_19513553.jpg
b0044440_19514858.jpg
b0044440_195216.jpg
b0044440_19521945.jpg
b0044440_19523546.jpg

b0044440_1959443.jpg
b0044440_19525922.jpg

[PR]
by hirose580 | 2008-06-22 19:53 | 農業 | Trackback | Comments(0)