<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

熊野磨崖仏

熊野磨崖仏は豊後高田市田染にあります。ここは山香町の山鹿温泉風の郷から5Kほどの場所にあります。
そこで一回見たいと思っていた磨崖仏を見に行ってきました。
熊野磨崖仏は国指定史跡国指定重要文化財になっています。磨崖仏が出来たのは藤原末期だと記されています。入り口で200円を払い登りだしましたが、ここはすごい石段が待っています。途中までは歩きやすい坂道ですが途中の鳥居をくぐると乱積みの石段でその坂の急なことはかつて経験したことのないような石段です。
鬼が一夜にして99段の石段を積んであと1段の石を担ぎ上げようとしたときに熊野権現がコケコッコウと鶏の鳴きまねで朝が来たことを告げると、鬼は一晩で100段の石段を築けなかったことで逃げて行ったという伝説があります。
この石段をようやく登り終えた左手に岸壁に掘った大日如来の磨崖仏と20メートルほど離れた場所に不動明王の姿があります。いづれも高さは7~8メートルの大きなものです。
不動明王はふつう憤怒の形相ですがここの不動明王は優しい顔をしています。
顔ははっきりしていますが胸から下は風雨にさらされて剥落したのか定かではありません。
しかし、昔の人はこのような険しい場所によくぞこのような磨崖仏を彫ったものだと感心します。
まあ一回行って見ておく場所だと思いました。
胎蔵寺は入り口にあるお寺ですがここの仁王様もなかなかいい顔をしています。
b0044440_17303241.jpg
b0044440_17305417.jpg
b0044440_17311365.jpg
b0044440_17313059.jpg
b0044440_17314628.jpg
b0044440_1732677.jpg
b0044440_17321986.jpg

[PR]
by hirose580 | 2010-08-27 17:32 | その他 | Trackback | Comments(4)

緒方三郎惟栄の現地研修会下見

過日緒方三郎惟栄の現地研修会の下見に行ってきました。
朝事務局3人で出発しました。時間の設定と行程の時間、距離などを確認するためです。
それと現地での説明を詳しい方にお願いする必要があります。今回は山香の馬上八幡社境内にある緒方三郎惟栄の墓と称する緒方大明神と大分市丸亀のこれも緒方三郎惟栄の墓です。
緒方三郎惟栄は上野(こうずけ)の国の沼田の庄に宇佐八幡を焼き討ちした罪で流罪となっていましたが、赦されて豊後に帰ってくる途中山香の立石で落馬して死んだという言い伝えがあり、それがこの緒方大明神と書かれた石祠です。
もう一つの大分市丸亀の墓は緒方三郎惟栄の子孫と称する江藤太郎左衛門惟恒(これつね)が弘化2年(1845)77歳の時にこの墓を建てて子孫に代々伝えていくために作ったものです。
これらの解説をお願いする方は山香は観光協会の副会長さんに大分市は市役所の江藤さんにお願いしました。これらの準備をすべて済ませて下見は終わりました。
本番にはたくさんの方々が行っていただければいいと思っています。
b0044440_15483052.jpg
b0044440_15483993.jpg
b0044440_15485664.jpg
b0044440_15492275.jpg

[PR]
by hirose580 | 2010-08-27 15:49 | 緒方三郎惟栄 | Trackback | Comments(0)

慰霊祭・供養盆踊り

8月15日は盆踊りと慰霊祭がある日です。今年は組長も兼ねておりますので準備から取り掛からなければなりません。午後2時の炎天の中、盆踊りの櫓づくりを行いました。
櫓づくりが済むと今度は慰霊祭の準備です。会場は今年は葬儀社の会場を貸してもらいましたのでそこで準備です。
午後7時30分慰霊祭が始まりました。まず区長の式辞があり、戦没者遺族と初盆家族の出席のもと住職の読経が始まります。出席者全員が焼香をして式典が終わりました。
いよいよ盆踊りの始まりです。今年も盆踊りの口説きを5日間練習してきました。
もうかれこれ7~8年ぐらい稽古をしてきました。
どうにか節をたがえず歌えるようになりましたが、まだ十分ではありません。まだまだ修行中です。
これで今年もお盆の行事が無事終わりました。やれやれです。
b0044440_14343275.jpg
b0044440_14344870.jpg
b0044440_1435101.jpg
b0044440_14352721.jpg

[PR]
by hirose580 | 2010-08-17 14:35 | 自治会活動 | Trackback | Comments(2)

こだい(小松明)

8月14日は小松明(こだい)の日です。午後8時花火の合図で一斉に点火します。
緒方平野はたちまちのうちに火の回廊が張り巡らされ、素晴らしい風景が広がります。
今年も写真を撮りましたが、例年お盆のお客と一緒にビールを飲んだ後ですから三脚を立てていてもシャッターのボタンを押すのに手が震えていい写真が撮れません。
毎年手振れを起こした写真ばかりで申し訳ありません。レリーズを使えばよかったと思っています。
今年は組長ですからその準備から後片付けまでいろいろと大変でした。
無事終わりましたが15日の供養祭と盆踊りまで努めねばなりません。
b0044440_911378.jpg
b0044440_912498.jpg
b0044440_913735.jpg
b0044440_915235.jpg

[PR]
by hirose580 | 2010-08-15 09:01 | 自治会活動 | Trackback | Comments(1)

井路祭り

8月7日は緒方井路土地改良区が主催する井路祭りと水恩祭の日です。今年も関係者100名が出席して神事が行われ、その後大分県指定の無形民俗文化財である千本搗(せんぼんづき)が千本搗保存会の皆さんで行われました。
千本搗とは井路(水路)の漏水個所に塗りこむための赤土を練る作業をいいます。
大正になりセメントが出来るようになると赤土による漏水の補修は必要がなくなり、そのため千本搗も踊られなくなっていましたが戦後復活したものです。
緒方井路は岡藩の殿様である中川久盛公、久清公が新田の開発を行うために開削をしたものです。
年代は正保、慶安、明暦、寛文年間で(1644~1662)岡山から熊沢蕃山を招聘してその献策を受けたとあります。
ですからもう370年近くになるわけです。水の恵みに感謝し、この先人たちの苦労を思い、今後とも維持発展させていくためのお祭りです。
神事に引き続き千本搗が終わるといよいよ待望のアユのつかみ取りです。
たくさんの子供たちはさっそく井路に放たれたアユを水に入って捕まえていました。
アユを20~30匹もとった子がいるほどでたくさんの獲物に鼻高々でした。
b0044440_1785844.jpg
b0044440_1791753.jpg
b0044440_1795055.jpg
b0044440_17102293.jpg
b0044440_17104190.jpg
b0044440_17105853.jpg

[PR]
by hirose580 | 2010-08-07 17:11 | 自治会活動 | Trackback | Comments(1)