<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

三重町文化祭

三重町文化祭が始まりました。毎年秋になると開催されます。今年は10月25日から30日までで、そのうち美術展と文芸展では6日間展示されます。
そのほかいけばな展は29日と30日の2日間、音楽芸能の祭典は最終日の30日エイトピア大ホールで10時30分から午後4時までです。
三重絵画クラブは三重町文化協会の一員ですから毎年出展しております。
今年はアマチュア美術展に出した作品を出品しました。
b0044440_1473393.jpg
b0044440_1474357.jpg
b0044440_1475381.jpg
b0044440_148342.jpg
b0044440_1481777.jpg
b0044440_1482865.jpg
b0044440_1484091.jpg
b0044440_1485488.jpg
b0044440_14952.jpg
b0044440_1492728.jpg
b0044440_149415.jpg
b0044440_1495750.jpg
b0044440_1410963.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-28 14:10 | 絵画 | Trackback | Comments(1)

ブログ講座

ブログ講座をしています。今まで画像の処理はJTRIMで画像を縮小して投稿していましたが、画像の処理ではそのようなことをしないでも縮小して送れるとなっています。
そこでどのようになるのか試しています。
b0044440_15102552.jpg
b0044440_15154316.jpg
b0044440_940447.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-24 15:11 | パソコン | Trackback | Comments(0)

緒方三郎惟栄講演会

10月22日緒方三郎惟栄の講演会が清川町神楽会館で開催されました。主催は清劇うたひめです。
清劇うたひめは11月19日に緒方三郎惟栄の演劇をすることになっております。そのため緒方三郎惟栄という人物はどのような人であったのかということをみんなに知っていただくために講演会を開いたものです。
後援会の前段ではコントや寸劇などを織り交ぜ、また、パネルディスカッションの時間も設定してあります。
最後にに別府大学教授の飯沼先生の「緒方三郎惟栄の伝説と実像」と題して講演がありました。
聴衆は200名近くになりなかなかの盛況でした。
私は顕彰する会が後援をしている関係で参加しました。なかなか面白い講演会となりました。
11月の演劇には顕彰会のメンバーも手伝いをすることになっております。こちらのほうもどのようになるのか楽しみです。
入場料は無料です。多数の方々のご参加をお待ちしております。11月19日土曜日午後1時開演です。
b0044440_20323916.jpg
b0044440_20325881.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-23 20:33 | 緒方三郎惟栄 | Trackback | Comments(0)

2011県美展

県美展が始まりました。10月18日から23日までの6日間です。今年も入場券をいただいたので見に行きました。我らが絵画クラブからは美術協会の会員2名のほか一般で入選したのは3名です。うち2名は今回初めて出品して入選です。いつも入選する2名は落選です。来年こそは50号を描いて入選を目指したいと思います。
気に入った絵を並べてみました。
b0044440_21403916.jpg
b0044440_21405465.jpg
b0044440_2141723.jpg
b0044440_21412178.jpg
b0044440_21413571.jpg
b0044440_21415393.jpg
b0044440_2142125.jpg
b0044440_21423194.jpg
b0044440_21424948.jpg
b0044440_2143347.jpg
b0044440_21431975.jpg
b0044440_21434361.jpg
b0044440_21452741.jpg
b0044440_21492596.jpg
b0044440_21502677.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-22 21:45 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

山梨旅行Ⅲ

山梨旅行も3日目です。今日は富士山5合目まで行きます。ホテル前にカババスが来ていました。
カババスは天井が可動式になっているバスで、晴れた日には無蓋車となって、富士山がよく見ることができるバスです。あいにく昨日までの雨のせいか富士山には雲がかかっており山頂付近は見ることができません。
しかし富士スバルラインを通って5合目にやってきますと南アルプスの山々がよく見えます。
ここの標高が2304mです。トイレは水を下から持ってこなければなりませんので有料です。お店のトイレ出口にお金を入れる箱があります。50円入れてきました。
富士山五合目からはカババスで下っていきます。ついで忍野八海に行きました。
富士山の伏流水が湧き出しているところで、きれいな澄んだ水がこんこんとわきだしています。
おみやげ物店が軒を並べているのでお土産を買い、山中湖近くの丘の上にあるホテルマウント富士に行って昼食です。
昼食の後は自衛隊の北富士演習場のそばを通って河口湖駅まで行きました。
ここで皆さんとお別れをして、富士急ハイランドまで帰り着きました。
ここから出る羽田空港行きの特急バスに乗るためです。
東京までの帰る途中振り返ってみれば、今まで全く見えなかった富士山頂が雲の間から顔を出しました。
最後にようやく富士山を見ることができた旅でした。
b0044440_20551870.jpg
b0044440_20555043.jpg

b0044440_2058132.jpg
b0044440_20584044.jpg
b0044440_20585677.jpg
b0044440_20592118.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-18 10:54 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

山梨旅行Ⅱ

甲府観光をした後は、石和温泉でお泊りです。石和温泉駅は甲府より二つ東京寄りの駅です。電車で移動するのは大きな荷物を持っていますので面倒だから、観光案内をしてくれたタクシーで移動しました。
石和温泉の華やぎの章「慶山」というホテルです。石和温泉は昭和36年ぶどう畑の中から温泉がわきだしてできた温泉だそうです。当初は青空温泉という名前で温泉が出来、それ以来大きなホテルが続々と誕生して、今では石和温泉郷として有名です。
慶山では料亭「四季亭」の料理が大変おいしくて、ビール葡萄酒ともおいしくいただきました。部屋に帰ってみると女将からお腹がすいた時に食べるおにぎりやお茶菓子などが差し入れてありました。大変おもてなしの良いホテルで驚きでした。
翌日はもう一度甲府に戻ってミレーの絵がある山梨県立美術館に行ってきました。ここには有名なミレーの「種まく人」や「落穂ひろい」などがミレーの部屋にあります。「落穂ひろい」の絵は大変有名な絵ですが、わずかF4(38.3×29.3cm) の大きさです。
そのほかたくさんのミレーの絵とバルビゾン派の作品が展示してありました。今度の甲府行きの一番の目的はこの絵を見るためでした。ゆっくり絵を堪能しました。
富士急ハイランドリゾート&スパには隣接してふじやまmuseum があります。一流の画家による富士山の絵ばかりを収集してあります。この美術館も見て回りました。
素晴らしい作品が多く、特に私が気に入ったのは刑部人(おさかべ じん)画伯の富士山でした。また館内の映写室には富士山の四季のビデオもあり、ちょうど雨で富士山が見えませんでしたが、ビデオで十分見たことになります。
夜はみんなと出会って宴会です。一次会2次会までしっかり付き合いました。
b0044440_14185668.jpg
b0044440_21585256.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-15 11:45 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

山梨旅行(Ⅰ)

10月4日から山梨に行ってきました。1年に1回平成6年に海外視察研修に行った者どもが奥様同伴で出会って一杯飲む会です。今年で17回目となります。
こんなに長続きしているのは奥様方が必ず参加するので続いているんだと思います。
今年の会合は5日の夜富士急ハイランドリゾート&スパで行うことになっています。そこで、前日は甲府に行って武田信玄のゆかりの地めぐりをしようと考えました。
甲府駅前には信玄の銅像があります。また、武田神社はもとは武田信玄の居城でした。
“人は石垣人は城”とうたわれているように要塞堅固な城というのではなく平城です。信玄の時代甲府の町は商・職人の居住も増えて城下町は拡大したといいます。
武田神社はこのお城の跡に大正8年に創建された社だそうで国の史跡になっています。
宝物殿には武田家の関係者から奉納されたゆかりの遺宝が多数陳列されています。
甲斐善光寺は、「風林火山」の旗印の下、戦国最強ともいわれた軍団を率いた武田信玄と上杉謙信との川中島の合戦の際、信濃善光寺の焼失を恐れた信玄が本尊や宝物を移すために建立したといわれています。
本堂と山門それに安置してある阿弥陀三尊像は重要文化財です。
b0044440_22125358.jpg
b0044440_22134342.jpg
b0044440_2214282.jpg
b0044440_22141680.jpg
b0044440_22143664.jpg
b0044440_2215556.jpg
b0044440_22361177.jpg
b0044440_22152118.jpg

[PR]
by hirose580 | 2011-10-13 22:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)