<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

井手さらえ

4月29日は恒例の井手さらえの日です。地区内の全世帯から1人ずつ出て水路の掃除をします。
水路内の土砂を上げたり廻りの草切りをします。上げた土砂はトラックでゴミ捨て場まで運びます。
農家の人は自分の田んぼに関係する水路の掃除を毎年担当します。
今年も少人数ですが井路の清掃に汗を流しました。
おかげで1時間ぐらいでほとんどの個所は終了して、今年も水路に水が流れるようになりました。
b0044440_22330210.jpg
b0044440_22331794.jpg

[PR]
by hirose580 | 2018-04-29 22:35 | 自治会活動 | Trackback | Comments(1)

大野町牡丹桜と足立さんちの芝桜

4月21日大野町の牡丹桜と足立さんちの芝桜を見に行ってきました。牡丹桜は、もう少し早く来ればよかったのですが葉桜でした。
浄水寺にお参りしてから花の写真を撮りました。新緑がきれいでこっちのほうが見ごたえがありました。坂道を登っていったのでのどが渇いて、ちょうど出店がありましたので冷たいノンアルコールのビールでのどを潤しました。
足立さんちの芝桜ももう少し早く来たらまだまだよかったと管理をしている足立さんちの娘さんに言われました。
足立さんは去年の暮れに亡くなったそうで、今は娘さんが管理をされていました。
芝桜は今年で19年目だそうです。芝桜だけでなくつつじや牡丹、藤などたくさんの花が植えられていました。
見に来る人も後を絶ちませんで30分ぐらい見させてもらって帰りました。
b0044440_15074322.jpg
b0044440_15080054.jpg
b0044440_15081072.jpg
b0044440_15081852.jpg
b0044440_15082771.jpg
b0044440_15085139.jpg
b0044440_15091152.jpg
b0044440_15092253.jpg
b0044440_15090204.jpg

[PR]
by hirose580 | 2018-04-22 08:47 | 自然 | Trackback | Comments(1)

五郡さんちの芝桜

越生の五郡さんちの芝桜がきれいです。ケーブルテレビで放映していましたので見に行きました。
もとは竹山で杉も生えていた山を木を切ったり竹を切ったりしてきれいな芝桜やつつじなどを植えて公園にしています。
道も作って所々には休憩のベンチも置いてあります。今が見頃ですぜひ見に行ってください。
b0044440_10280149.jpg
b0044440_10282259.jpg
b0044440_10290354.jpg


[PR]
by hirose580 | 2018-04-20 10:30 | 自然 | Trackback | Comments(1)

井上主水左衛門並古・並増父子の墓

朝地町近地の山中に井上主水左衛門並古(もんどざえもんなみふる)と井上主水左衛門並増(なみます)父子の墓があります。
井上主水左衛門並古は家老井上並白の養子となり、宝暦3年(1752年)20歳のとき岡藩に仕えました。宝暦14年(1763年)幕府の命令で岡藩が朝鮮通信使の接遇を命ぜられた時、鞆の浦でその応接を行い無事その大任を果しました。
明和8年、藩の銀奉行となり、岡藩札7万両を初めて発行するなど岡藩の金融・財政に大いに貢献しました。
天明3年(1783年)全国的な飢饉のときには英断をもって藩の倉庫を開き多くの飢えた人々を助けました。
並古はこれ以降住まいを朝地町の近地に移して人々を集めて開墾に取り組みました。
藩主中川久貞公はその功を大いにめでて一代家老に任命し兜を賜りました。その偉大な業績を記した碑文が墓の隣に建てられていますが、亀趺碑(きふひ)といって亀の甲羅の部分に碑が乗っているものです。
これは大名などによく見られるものですが、家老の業績を記したものを亀趺碑としているものは珍しいそうです。
また墓は儒教を信奉する人の墓にみられる馬鬛封(ばりょうほう)を伴っています。
子の並増も同じく一代家老となり、彼も父の隣に葬られています。
亀趺碑の上部の龍の彫り物など、200年ほど前に作られた石碑が、風化もせずに今も鮮やかに残っているということは、堅い石と素晴らしい腕を持った石工のおかげでしょう
b0044440_22284296.jpg
b0044440_22291757.jpg
b0044440_22295059.jpg
b0044440_22302470.jpg
b0044440_22310103.jpg
b0044440_22314169.jpg
b0044440_22331249.jpg

[PR]
by hirose580 | 2018-04-19 22:40 | 歴史 | Trackback | Comments(1)

小富士山の大名墓

小富士山の大名墓にTさんと行ってきました。岡藩の八代藩主中川久貞公の墓所があります。久貞公は寛保3年(1743年)松平家から養子に来ました。
久貞公は寛政2年(1790年)に亡くなりますが、遺言により小富士山に御霊屋(おたまや)を作り葬ることになったわけです。
この人は3代の久清公(入山公)を大変尊敬しており、久清公が大船山の中腹に御霊屋を作り葬られたのにならったものです。
墓の形式は儒教を信奉していたために墓碑の後ろに馬鬣封〔ばりょうほう〕と呼ばれるかまぼこ状の大きな岩があります。
この形式は小富士山に行く途中の保全地山にある家老の中川久豊・久虎のお墓と近所にある中川監物久照の墓にも小ぶりですが馬鬣封があります。
見晴らしもよく景色は良いところですが、一部未舗装が残る道路を整備すると、もっとたくさんの人が来れるところになるのではないかと思います。
b0044440_09045738.jpg
b0044440_09052346.jpg
b0044440_09055131.jpg
b0044440_09062393.jpg
b0044440_09071769.jpg

[PR]
by hirose580 | 2018-04-17 09:10 | 歴史 | Trackback | Comments(0)

森園社大正公園の桜

家の近くの大正公園の桜が満開です。いつもなら花見をするところですが、高台のために年をとって登ってくるのが大変なんでしょう一組も花見の客がおりませんでした。
もう少しずつ散り始めていますが満開の花見はいいものです。
b0044440_08195812.jpg
b0044440_08194961.jpg
b0044440_08194061.jpg
b0044440_08192880.jpg

[PR]
by hirose580 | 2018-04-02 08:20 | 自然 | Trackback | Comments(1)